セーバー病(踵部痛)

成長期や運動量が多い時期に『かかとが痛い!』など痛み、違和感など感じてきたらそれはセーバー病かもしれません。違和感を感じたらお早めにご相談いただけたらと思います。
しっかり早期にカウンセリング・検査が競技復帰への最短の近道になってきます。
かかとの痛みはi-care鍼灸整骨院グループにお任せください☆

セーバー病とは?

セーバー病またはシーバー病は踵骨骨端症とも言ったりします。成長期の運動をしている子供たちに多くみられます。踵骨(しょうこつ)とはかかとの骨のことをいいます。踵骨隆起といってアキレス腱の付着している所が、ふくらはぎの筋肉・アキレス腱の牽引によって引き起こされるケガのことです。

どんな人がなりやすいのか?

10歳前後の『活発に運動をしている人』『肥満気味の人』『足首が硬い人』などが多いとされています。
どちらにしろ骨の端を筋肉が引っ張り続け、痛みを出してしまっていることに変わりはありません。

どんなお悩みなのか?

お悩みとしては、歩いたり、走ったり、ジャンプなどで踵に痛みを感じます。圧痛も著明にでます。痛みが強いと足を引きずる感じもみられます。

悪化させてしまうと、裂離骨折(腱が骨を引っ張ることによって、骨が欠けてしまう骨折のこと)が起きる可能性もあります。

こんな時に踵に痛みが出ませんか?

□歩いている時  □踵に荷重がかかった時
□階段の昇降時  □ジャンプ・走っている時
□朝いちばん  など

この中で1つでも当てはまるものがありましたらお早めにご相談ください。

セーバー病の施術法とは?

足首施術

i-care鍼灸整骨院グループでは、セーバー病に対して要因となる筋肉の柔軟をつけるだけではなく、足首の関節を整えて踵への負担を少なくすることや、足首に負担をかけてしまっている足底、膝、股関節など全体的なバランスもみていきます。

その後、i-care式セーバー病専用テーピンクをすることで日常生活も楽になります。

ご自身でもしっかりとストレッチ・ケアが出来るように仕方を指導しています。

もし踵でのお悩みがございましたらお早めにご相談ください。